ブログ

レモンの保存方法 新鮮に長持ちさせるポイント|神の島レモン しまなみ楽農研究所

レモンの保存方法 新鮮に長持ちさせるポイント|神の島レモン しまなみ楽農研究所

保存条件によっても前後しますが、神の島レモンの保存期間は2週間ほどが目安です。 また、レモンの保存に適した温度は10°C以下とされ、冷蔵保存または冷凍保存をオススメします。 レモンを丸ごと保存する場合 冷蔵保存 乾燥を防ぐためにラップや新聞紙、キッチンペーパーなどで包み、 さらにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れてください。 保存前の状態にもよりますが、この方法で1ヵ月ほど鮮度を保つことができます。 冷凍保存 ラップで包んでからフリーザーバッグなどに入れ、しっかりと空気を 抜いて、冷凍庫で保存することも可能です。 保存期間の目安はおよそ1ヵ月で、使うときは常温に30分ほど置いておくと、通常どおりカットすることができます。 ビタミンCは冷凍には強いとされています。安心して冷凍保存してください。 凍ったまま皮をすりおろし、お菓子や料理の風味付けに使うのもオススメです。 使いかけのレモン・カットレモンを保存する場合 冷蔵保存 使いかけの半端なレモンを冷蔵庫で保存する場合は、切り口が空気に触れないようぴったりとラップでつつんで冷蔵庫に入れてください。 くし切りや薄切りにしたレモンも同様に、空気に触れないように密閉容器に入れるか、ラップでしっかりと包んで冷蔵庫に入れます。 4~5日が保存期間の目安です。 冷凍保存 冷凍する場合は、使いかけのレモンもくし切りや薄切りにしてから保存するのがおすすめ。 カットしたレモンをラップやバットの上に重ならないように並べ、冷凍庫に入れて凍らせたあと、フリーザーバッグに移して再び冷凍庫で保存します。 レモン同士がくっつかずバラバラの状態で保存できるので、使うときに ひと切れずつ取り出せて便利です。自然解凍してから果汁をしぼったり、凍ったまま料理や飲み物に添えた りと、使い勝手も抜群。 この方法で3週間~1ヵ月ほど美味しさをキープすることができます。 レモン果汁の保存 残ったレモンは果汁を絞って、製氷皿に入れて冷凍保存もオススメです。 製氷皿をそのまま冷凍庫に入れて凍らせておくと長期間の保存が可能です。使いたいときに必要な分だけ取り出して使えます。 その他、塩レモン、レモンマーマレード、レモンの蜂蜜漬け、レモン酒など、加工してからの保存もオススメです。

続きを読む